必要な費用

会社設立のために必要な費用について

会社を作ると言うのは非常に大きなことのように思えますが、会社設立と言う法的な手続きだけに限定すればそれほど高額な費用を必要とするものではありません。どのような形で会社設立を行うのかによっても大きく異なってきますが、自宅を会社にするという形で会社設立の手続きを行うこともできるため、費用を節約しようと思えば節約が可能です。その場合に必要となる資金は少なくとも6万円であると言えます。

会社設立をする場合、どのような法人格を選択するかが最初の選択肢となります。ごく一般的な事業を行う場合、主な選択肢としては株式会社と合同会社のいずれかとなるでしょう。この内安く設立することができるのは合同会社の方であると言えます。この合同化市派は平成18年に行われた法改正で新しく設立することが出来る様になった法人であり、設立のための手続きも簡単であるのが特徴になっています。

知名度の低さは確かに大きなデメリットとなるかもしれませんが、商号を表に出して事業を行っているだけで世間になのしれた会社の中にも合同会社は少なくないのです。とにかく少しでも安く法人格を手に入れたいと考えている人にとっては魅力的な選択肢であるとも言えるでしょう。

一方最も知名度が高く一般的な会社の形である株式会社を設立する場合、少なくとも20万円程度の費用がかかることを知っておかなければなりません。この金額の中には避けることの出来ない様々な手続きの費用が含まれていますので、書類上の法人設立のためだけにこれだけの費用がかかるものであると理解しておかなければなりません。

株式会社を設立する方が合同会社を設立するよりもはるかにお金も手間もかかりますが、現実的には株式会社を選択する比率の方がずっと多いのが現実です。この背景には知名度などを含む様々な実質的なメリットが優れていると考えられている現状があるのです。何かしらはっきりとした目的のために合同会社を選択するので無ければ、基本的に何もメリットが無いと言えるでしょう。

会社設立のために必要になるお金は設立時の書類関係の物だけではありません。実際に様々なものが必要になるのが一般的であり、こだわればこだわるほど必要なものの数は増えて行くのが一般的です。それでもまずは設立登記のための流れをしっかりと決めておくことが何よりも大切です。会社設立後にも様々な事柄でお金が必要になるのは避けられませんので、予め備えておくことが大切です。